通信講座でネイリスト資格を取った子が現場でわかるって本当?
  • 美容資格を取るならどれがおすすめ?いま人気の美容資格をご紹介
  • 人気の美容資格が取れる通信講座厳選比較ランキング
  • 【コラム】美容資格を取って好きを仕事にしよう!
  1. 【ネイリスト】通信で資格を取った子は現場で分かると言われる理由

美容資格の通信講座でネイルの資格を取った場合

チップ郵送型の通信講座は正しい知識・技術が身に付かない?

チップ郵送型の通信講座は正しい知識・技術が身に付かない?

最も人気の美容資格の1つがネイルです。今、趣味からプロのネイリストを目指す人まで、通信講座で技術を学ぶ人が増えています。最近は有名ネイリストが講座を監修していたり、DVDによる映像講義があるなど教材が非常に充実しており、通学講座と遜色ない内容を学べるようになっています。

ここで1点、特にネイリスト検定の取得を目指す人に知っていただきたいことをお話しします。それは「チップ郵送型」の通信講座についてです。これは課題のネイルをネイルチップに施し郵送して講師に添削してもらうというもので、通信講座では主流の添削方法です。もちろんチップでも練習はできるのですが、検定では実際のモデルの爪に施術していきます。チップと実際の爪では勝手が全く違いますし、検定ではモデルの細かい皮膚の状態までが採点基準となります。実際のモデルに施した施術を見てもらえないというのは、チップ郵送型講座の不利な点だということを覚えておいたほうがいいでしょう。

ネイリスト検定上級まで取りたい人は通学講座がおすすめ

ネイリスト検定上級まで取りたい人は通学講座がおすすめ

最も有名なネイル検定は、JNA日本ネイリスト協会が実施する「JNECネイリスト技能検定試験(1・2・3級)」と「JNAジェルネイル技能検定試験(初・中・上級)」です。この検定の1級・上級は実技試験の難易度が高く、特にネイリスト技能検定1級は非常に難しいことで知られています。またその難易度は年々上がっているようです。

通信講座で上位資格を取得することも不可能ではありませんが、実技対策には心もとない、というのが実際のところです。通学講座では、技術面で間違いがあれば講師にその場で正してもらえますし、生徒同士をモデルにして実際の爪で経験を積めるという点も大きなメリット。そのためネイリスト検定のうち上級資格を目指す方は、できるだけ通学講座をおすすめします。

一方で通学講座のデメリットはというと、やはり費用と時間の拘束です。授業料はスクールやコースによってまちまちですが、プロフェッショナルを目指す・上位資格の取得を目指すなら5、60万円~100万円を超えるスクールもあります。また授業料だけでなく交通費も費用としてかかることを忘れてはいけません。

通信でネイリストの資格を取るメリット

通信講座でネイリストの資格を取る最大のメリットは、やはり費用面。趣味や習い事タイプなら数万円から、ネイリスト検定2~3級をカバーする内容でも10万円を切る講座が多数登場しています。先述したように最近の通信講座は教材内容が非常に充実しており、詳細なテキストとDVD講義によって通学と変わらない内容を学ぶことができます。添削もチップ郵送だけでなく携帯で撮った写メを添削してもらえるサービスもあるなど、ネイル通信講座の需要が高まるにつれてどんどん進化しています。

もちろん検定では3級・初級にも実技試験があるのですが、通信講座で身につけた技術でも十分合格できる範囲です。プロのネイリストになるかどうかは分からないけれど、まず取っ掛かりとしてネイリスト検定3級やジェルネイル検定初級を取得したいという人や、仕事や育児で通学する時間は取れないけれどネイルの世界に飛び込んでみたい!という方には、できるだけ費用をかけずに効率的に学べる通信講座が断然おすすめです。

なりたい自分になれる!美容資格が取れるRHKトータルアカデミーはこちら!
PAGE TOP